パワーストーンのメンテナンスについて

PowerStone_Img

パワーストーンを手に入れたらメンテナンスが必要です。
また、パワーストーンの意味はこちらをご覧ください。
いろいろな方法がありますが、私は水晶のさざれを利用しています。
また、購入してすぐに月光による浄化をしておきました。
石に月光の光をあてるだけですから簡単ですし、月光なら太陽に弱い石でも安心して浄化することができます。
通販を利用して購入しましたので他人にベタベタ触られたわけではありませんが、石のパワーを十分に得るためには使用前の浄化も薦められましたので浄化しました。
また、こまめに浄化したほうがよいということで、石の購入時に水晶のさざれを同時に手に入れました。
石の居場所を作ったほうが良いそうなので、水晶さざれを置く場所を作り、そこを石の置き場所にしています。
使わないときには、水晶さざれの上で休ませています。
浄化に利用することで水晶さざれも疲れてきますので、こちらも浄化しています。
ブレスレットなど直接身につけるものは、どうしても皮脂などがついてしまいます。
日ごろのお手入れとしては、布で拭うなどの一手間をかけておくと違ってきます。
私はめがね拭きを利用してお手入れしています。
軽くサッと拭いてから、定位置である水晶さざれの上に置いています。
水晶さざれは石の浄化もしてくれますし、部屋の浄化の役割も果たしてくれるそうですし、インテリアとしても素敵です。
水晶さざれそのものお手入れは、水で洗って太陽にあてるか、月光にあてるかすればよいです。
水晶のさざれは、石や部屋の浄化以外にも、土地の浄化をするのに使ったり、植木鉢や花瓶に入れて植物の生命力アップに使ったり、お守りとして外出時に持ち歩いたりすることができます。
便利なアイテムですので、ストーンのアクセサリーなどを購入するときにあわせて購入しておくことをお勧めします。
ストーンのアクセサリーが壊れてしまったときには、直すという方法もありますが、役割が終わったと判断して処分することをお勧めします。
身につけて持ち歩いているときはもちろん、バッグの中に入れて持ち歩くのが主な使い方のときでも、意外な形で壊れることがあります。
通常のアクセサリーでは考えられないような壊れ方をするときがありますから、そんなときには役割が終わったものと判断して処分するようにしています。
日ごろのお手入れはキチンとしていますし、石の役割を考えると壊れたものを直してまで身につける気持ちになれないからです。
ですから、役割の終わった石は処分して、次のものを購入するようにしています。

CopyRight (c) panpan All Right Reservef