パワーストーンは見た目の色でインスピレーションを感じよう

PowerStone_Img

いくつかパワーストーンを持っていますが、購入しようとする時の精神状態によって、実際に石を見て、色を見て、触って、選ぶことにしています。

パワーストーンを選ぶとき、インターネットで検索すると、業者向けのような卸売価格で販売してくれるところもあります。
丁寧にひとつひとつ見本の石が写真で紹介されているので、とても買いやすくて値段もお店で買うよりは、安いこともあります。
ただ触ることができないので、すぐに欲しいという方には店頭での購入がオススメです。

実際に石を見てみると、それまでそれほど好きではなかった色に惹かれることがあります。
それは自分でもよくわからないのですが、答えはその石の持つ意味や効果にあるかもしれません。

例えばチャロアイトという紫色の石がありますが、身につけるにはちょっと派手な印象ですが、世界三大ヒーリングストーンといわれるほど、心を癒す効果があるといわれています。

この石に惹かれてしまう時は、何か精神的にダメージを受けている時や、
心が疲れているときなのかもしれません。
そういっている私が、実際この石が気になってしかたないときがありました。

結構な濃い紫でアメジストのように透き通っていないですし、
ボウリングの球を思わせるマーブル状の模様が入っています。

きれいな紫、気になる・・・とおもいつつ、身につけるには抵抗があり、
なかなか買おうという勇気がわかなかったのですが、気になりすぎて
インターネットでチャロアイトのことを調べてみたら、先ほどのような内容が書かれていたのです。


当時は新しい仕事に就いたばかりで、なかなか覚えるのに苦労して自分が情けなく感じ、精神的にダメージを受けていました。
周りからは、まだ間もないんだからこんなもんだよと言って慰めてもらっていたのですが、空回りしている自分が嫌で毎日家で落ち込んでいました。

その意味を知って、惹かれる理由がわかり納得した私は、思い切ってチャロアイトのブレスレットを購入することに決めました。
そのおかげか、心を落ち着けて焦らず仕事に取り組めるようになり、今思えば小さな悩みだったと振り返ることがあります。

最近は、世界の三大に興味を持った流れから、そのひとつであるラリマーのアクセサリーも購入しました。
初めて見たときは澄んだ青空に雲が浮かんでいるようなその石の美しさに、一瞬で魅了されて、ちょっと高価な石ですが、大き目のものをチョーカーにしてもらいました。
ラリマーの持つ意味は愛と平和、調和と協調性などといわれています。
パワーストーンの種類についてはこちらのサイトも参考にしてください。

CopyRight (c) panpan All Right Reservef